加齢臭は普段の食生活で臭いの強さをコントロールできる

加齢臭は男女問わず40代あたりから発生する独特の臭いですが、特に中年以降の男性に目立つ症状です。

 

女性にも発生する臭いなのですが、一般的に女性の方が身だしなみに気を遣って衣服の着替えや入浴、その他のケアを注意深く行うことから目立たないのです。加齢臭が発生する仕組みですが、脂肪酸と過酸化資質が化学反応によって結びついてノネナールという成分が生まれ、これが臭いの原因となるのです。

 

参考:自律神経は汗の出方を制御する

 

加齢臭は普段の食生活で臭いの強さをコントロールできます。

 

年齢を重ねると酸化を抑制する働きはどんどん低下していきますから必然的に体にまとわりつく酸化した皮脂というのは多くなり、結果臭いが気になり始めるのです。また体のあらゆる老化現象の原因となる活性酸素は皮脂を酸化させることから、活性酸素の増加も加齢臭の原因といえるのです。

 

活性酸素は実は普段の食生活で発生の増減がコントロールできるのですが、基本的に欧米人のような肉食中心のスタイルであったり過度の飲酒といったことを続けていると発生していき、また喫煙も大きな原因となっています。ですので現在の生活習慣がそれらに当てはまる方は和食中心に切り替えるとこれまでよりも活性酸素の発生が抑えられるのです。

 

シミができないように事前に予防

 

たとえば和食には大豆の加工食品が多いのですが、大豆や豆類にはイソフラボンが多く含まれており、これは活性酸素を抑制する働きがあります。もちろん完全に除去することはできませんが、さらに抗酸化作用といって酸化させにくい働きのある栄養素を多く含んだ食品を積極的に摂ることで老化現象はもちろん、加齢臭の発生を抑えることが期待できるのです。

 

代表的なものではビタミンCやビタミンEで、ピーマンやパセリといった野菜やオレンジやイチゴ、キウイフルーツなどの果物に多く含まれており、またカロテンやリコピンも高い抗酸化作用が知られ、ニンジンや海藻、トマトといった食品も効果的です。また腸内環境も重要で、常在菌である善玉菌と悪玉菌は有名ですが、この菌のうち悪玉菌が増えると様々な病気の原因となるだけでなく悪臭の原因ともなり、加齢臭の強さにも影響を与えますから、各種ヨーグルトで善玉菌の補給を意識するようにするとやはり加齢臭に対して効果が期待できるのです。

 

食事改善で加齢臭の軽減を目指すことは重要ですが、毎日の入浴やボディーソープでしっかり臭いを断つことも重要で、通常の洗浄料もいいですが加齢臭ボディソープなどの加齢臭予防に特化した製品がおすすめです。これは臭いを除去する成分はもちろんのこと、あまりにも強すぎる洗浄成分で肌荒れするような方でも安心の天然由来成分で作られている場合が多く、様々な人が使用することができるようになっています。そして保湿成分に優れたものが多いのも特徴で、これは皮脂を洗い落としすぎると乾燥してしまい、余計に皮脂が分泌されることになりますからそれを防ぐためにしっとりとうるおいをキープするような洗い心地の製品が多いのです。男性の場合汗の臭いも気になりますから、汗臭を撃退する効果もある製品を選ぶとよいでしょう。

 

手汗女子は嫌われる?