お日様から素肌を守ってくれる、日焼け止めの常識

紫外線はお肌の天敵というのは、今の時代では誰もが知るところとなりました。太陽の日差しの下に、無防備な姿で出て行って、小麦色に日焼けをした素肌が美しいというのは、今の時代に考えられない話です。

 

数十年前のようにまだ日差しも今のように強烈ではなく、美容の情報も乏しい時代で有りましたら、真夏は日焼けは当然のことで、小麦色の素肌が美しいと賞賛された時代もあったでしょう。しかし現代では紫外線は昔とは比べ物になrな愛ほど、強烈になっていますし、素肌への悪影響は凄まじいものがあります。

 

だから真夏になってからはもちろんのこと、紫外線が強くなる春先から、素肌へのUVケアは絶対に欠かせないお手入れのひとつになっています。紫外線対策をしないことで、皮膚にはマイナスの影響しかないことを、理解しておくべき必要があります。

 

素肌に直接紫外線を長時間浴びることで、皮膚は紫外線の強い刺激を受けます。表面だけではなく、奥にまで入り込むのが厄介であり、潤いの繊維までもブチブチと切ってしまうために、皮膚からは潤いが失われます。皮膚は乾燥をしやすくなって、外部刺激から肌を、これまでみたいに守ることはできなくなります。

 

すると外部刺激で皮膚はもっと弱くなって、ニキビや肌あれをはじめ、あらゆるトラブルが起こりやすい状態に変わります。それどころか怖いのは、紫外線により引き起こる肌老化です。紫外線対策なしで過ごすことで、皮膚は次第に老化しやすくなるために、シワやたるみが多くなりますし、シミはもっと濃くなります。

 

そんな皮膚の老化予防や、健やかな白い肌状態を守るためには、日差しの下では必ずUVケアを怠るわけにはいきません。顔の肌のみではなく、洋服から露出をする、首や手なども全て肌ですので、UVカットのクリームを塗るなどの対処を必要とします。

 

真夏のみのケアと思う人がいるでしょうが、基本的に日焼け止めクリームは、年間を通してケアに利用をします。太陽の日差しは季節を問わずに降り注ぎますし、たとえ曇りでも、雨の日であっても降り注ぐためです。だから毎日のUVカットクリームのケアは欠かせないですし、シーズンも関係はありません。

 

顔にUVカットのクリームを使うときの常識として、2回塗るというのを守ることです。顔は凹凸がありますので、1回だけの塗布では、塗り残しができてしまうためです。1回目をなじませて、その上で2回目のクリームを塗布するようにします。

 

ボディへのUVカットクリームの塗布は、一旦手には取らないで、そのまま肌にクリームを出して、必要なパーツに伸ばしていきます。顔や手の甲だけではなく、首の後ろやデコルテライン、耳の後ろまで忘れないで塗りましょう。日差しの強い季節でしたら、日中のあいだにも、数回の日焼け止めクリームの塗り直しを行うことで、日焼けを防ぐことになります。